毎日更新頑張っております!為になったお気に入りにでも登録しておいて貰えると嬉しいです!

必要な機材

ユーチューバーになる為の機材一覧

ユーチューバーに必要な機材とお勧め商品説明

Youtubeの機材は高い
実は動画を撮影したり撮影した動画を編集したりサムネイルを作るのに画像制作ソフトを利用したり、実は本気でYoutubeをやろうとすると結構な技術力を必要とするユーチューバーです。

動画クオリティーを上げる事で見ている人が視聴しやすく、伝えたい内容も安定してずっと見ていられる動画クオリティーを目指しましょう。

動画クオリティーに必要な事

動画の画質・字幕・音質・企画力・編集力

スマホ一つでも取り敢えず動画を投稿も出来ます。

しかしスマホアプリでサムネイルも動画編集も可能ですが、作業に時間がかかったり動画クオリティーが低く、相当な企画力やファンがいない限りは伸ばすことが難しい事も課題の一つです。

下記に記載をする配信や動画撮影機材は本気でユーチューバーをやりたい方用のエントリーとしてはコスパの優れた必要最低限の機材を掲載しておりますのでお財布と相談して必要な物を揃えましょう!

※上にある画像は実際に更新をしている僕の配信と撮影環境です。
映りきれませんが、本気になると最低でもこの位は必要になる事だけは覚悟しましょう(笑)

ユーチューブに動画を投稿する迄の流れ

動画の内容を考える

企画や構成を考えて、必要であればラフやカンペの用意を行います。
ユーチューブに投稿する動画のジャンルが外での撮影が多い場合には光量があるのでスマートフォンだけでも充分に撮影は綺麗に撮れます。

ITに利用する機材系は高額商品が多く、自分に必要そうな機材のみをまずは揃えましょう!

必要な物
メモ帳 IPad

IPadはとにかく最強です。ユーチューブだけではなく、ノートパソコンの代わりとしても、イラストを制作するにしてもゲームをするにしてもとにかく最高です。
光量さえ充分に取れていれば撮影用のカメラとしても利用出来ますので、節約をしながらユーチューブを初めてみたい方はこれ一台で何かと出来てしまいます。

動画を撮影する

先程制作した企画の順序に合わせて動画を撮影します。
室内で撮影する場合に光量が少ないと画質が汚くなったりしますので照明や高解像度のカメラを利用すると、観てくれる人の滞在率も上がります。

観てくれる人を飽きさせない絵面作りを心がけましょう。

必要な物
カメラ 照明 マイク

カメラ選びは結構難しいです。動画は撮影出来ても熱暴走でカメラ本体の電源が落ちてしまったり、手ブレ補正が無くて外で全く撮影出来なかったり。
そんな悩みを吹き飛ばしてくれながら、更に自分を観ながら撮影が出来るモニターも付属しているコスパ最強のエントリー向け一眼カメラとしてお勧めしておきます。

背景をぼかしたい時等には単焦点のレンズを別途購入し、撮影に挑んで下さい。

照明は本気の撮影の場合には正面、そして対角線に斜め前(キーライト)とバックライトの3つを利用しますが、取り敢えず2個あれば光量の問題や影等も少なく、綺麗に撮影が可能です。
室内でも窓際等で撮影をする場合には、太陽光が充分な光量を与えてくれるので明るい所が真っ白になってしまう色の白飛びを気を付けながら撮影して下さい。

マイクはカメラにセッティングしたワイヤレスマイクを利用する事で、屋外でも室内でも高音質で音声を出力出来ます。このワイヤレスマイクは遅延や音質、共に何の問題もなく最高に使い勝手が良いのでお勧めです。

動画を編集する

撮影した動画をYoutubeで公開する前に動画を編集しなければいけません。動画の編集が上手なだけで再生回数も伸びるので、上手に越した事は無いのですが、動画編集のスキルを身につけるだけでも生活が出来る位の収入が得られる位ちょっと大変です。

たった10分の完成した動画を編集する時間は動画1本あたり5~10時間かかる場合もあります。
一番のキモとなる必須アイテムの一つなので、自分にあったソフトを慎重に選びましょう。簡単な動画編集であれば、IPadのアプリのみでも作業可能ですので、ご自分の環境に合わせて考えて下さい。

必要な物
PC(パソコン) 編集ソフト(プレミア Fimora etc..)

ユーチューブにおける動画編集をするパソコンのスペックは最高峰のパソコンを必要とします。理由は安いグラボやCPUのパソコンでは、動画の書き出しの時間が長かったり、編集作業がカタカタして動かなくなります。
今の時代は8Kですが、FHD(1920✕1080)のサイズで編集で大丈夫ですので、これくらいのスペックがあれば問題なく作業出来るでしょう。

ユーチューブに投稿する動画が出来たらサムネイルを作る

Youtubeにおいて一番大切と言っても過言ではないサムネイルの作成には、画像生成ソフトを利用します。
IPadを所有している方は、IPadでも作業は可能ですが、PCをお持ちの方は画像を生成し、一人でも多くの人に観てもらえる魅力的なサムネイルを作りましょう。

必要な物
PhotoShop

ユーチュブライブ配信に必要な機材

YoutubeLiveではライブ配信を行え、スーパーチャットという投げ銭システムも搭載されております。
還元率は約7割。ライブ配信業界の中でも超高還元率システムですので、ファンが沢山いるユーチューバーの方はYoutubeLiveで1日1億円稼ぐ人も続出しております。

そんなユーチューブライブ配信で必要な機材を記載していきますが、ゲーム配信、雑談配信、VTuber、歌ってみた等、ジャンルによって必要な機材が変わりますのであくまでも参考程度に観ていただけたら幸いです。

PCと機材を接続するオーディオミキサー

オーディオミキサーはループバック機能がついているYAMAHA AG03一択に近い位人気の商品です。
コロナの影響により在宅やテレワークが増え、在庫不足になる位皆がこれを購入しておりますが、エコー機能やAUX端子を装備しており、簡単な歌ってみた程度であればこれ一台とマイクさえあればそこそこ歌ったりする事も可能になります。

雑音を拾いづらいダイナミックマイク

マイクの決定版シュアーのSM58はクリアな音質で、歌ってみたやゲーム配信等にも利用される一番人気の商品です。
楽器収録用になりますがSM58のお洒落なマイクも重低音を綺麗に拾い、とても聴いている人が心地よいクリアな音質で配信が可能になります。

マイクは先程記載をしたオーディオミキサーに差し込みます。詳しくは別記事に記載致しますね。

YoutubeLiveでゲーム配信用ヘッドセット

これは個人的な好みにもよると思いますが、長時間ゲームと配信をする場合、高くて重いヘッドセットは肩こりや耳が痛くなったり、実はあまり実用的ではありません。
YoutubeLiveでは長時間配信が可能な為、長い人で8時間を毎日配信している人もいます。

使いやすくて軽い軽量型にもかからわず、高音質マイクが搭載されているゼンハイザーはお勧めです。

Youtube&Liveに必要な機材まとめ

以上長文で掲載をしましたが、これさえあれば、並。位の動画は作成可能です。
携帯一つでもYoutube動画を投稿する事は可能なのですが、本格的にYoutubeを初めたいという方にとっては上記の商品でもまだ初心者レベルです。

音、画質、環境を揃える為にこだわると沼のようにハマってしまうので、丁度よいお勧め商品のみ記載を致しましたが、細かい商品紹介も随時投稿から記事を掲載していきますので、楽しみにしていて下さい!

>おじいちゃんでも分かるYoutuber教室

おじいちゃんでも分かるYoutuber教室

何歳になっても楽しみは忘れたくありませんよね。僕ももう今年で40歳になろうとしていますが、Youtubeに動画投稿をして少しでも誰かに喜んでもらったり楽しんでもらえたり。芸能人もYoutuberになったり今でもユーチューブは大人気コンテンツとして会社の宣伝やアピールにも利用出来るプラットフォーム。無限大の可能性を秘めたユーチューブでライバルに差をつけよう!

CTR IMG